未分類の記事一覧

女優のアンジェリーナ・ジョリーが、今度は子宮摘出手術の準備中であるとStylist Magazineに語った。

アンジェリーナ・ジョリーは昨年5月に、がん抑制遺伝子の「BRCA1」に変異があり、乳がんになるリスクが87パーセント、卵巣がんになるリスクが50パーセントと診断されたこと、さらにはがんを予防するために乳房切除手術をすでに済ませたことを公表しています。

「乳母切除のアンジェリーナ・ジョリーが今度は子宮摘出手術を準備」の続きを読む »

未分類

WS000415

 

口臭なんて、若い頃はそれほど気にしなかったのですが、

30代後半になり、あるとき急に気になりだしました。

 

江崎グリコが20~50代の男女を対象に実施した調査によると、

ビジネスパーソンの実に94%が「自分の口臭が気になる」と回答しているらしいです。

 

また、勤務中に自分や他人の口臭の不快感を実感したことがある人は、

6割にものぼるといいます。

口臭は、多くのビジネスパーソンの悩みであり、

また職場の人間関係をも左右しかねない問題であるともいえるでしょう。

どこかで聞いたような自己流の対策として、臭いのキツイ食べ物を避けたり、歯磨きや舌ケアを丹念に行ったりしている人は多いでしょうが、意外な習慣が口臭を招いていることがあるのです。

そこで本日は、英語圏の口腔ケア情報サイト『TRIOLOGY』から、

「口臭を引き起こす意外な原因」の6つを解説していきます。

「口臭を悪化させる原因まとめ(これは絶対知っておくべきです)」の続きを読む »

未分類

WS000078

 

元プロ野球選手の清原和博(46歳)が薬物使用が原因で都内の病院に入院していたと6日発売の週刊文春が報じたことに対して、清原の事務所オフィスキヨハラは、マスコミ各社へのファクスで報道を完全定した。

それが、実は糖尿病での入院だったらしいのです。

「元プロ野球選手の清原が糖尿病 | 週間文春の薬物報道に訴訟検討」の続きを読む »

未分類

WS000060

このブログでも、何度も取り上げてきましたが、タレントで歌手のやしきたかじんさんが、1月3日に64歳で亡くなられました。

やしきたかじんさんは、ガンを発症してから一度は復帰したものの、体調不良で再度療養していたところのニュースです。

 

このニュースを聞いて、やはりガンというのは怖い病気だと改めて思い知らされました。

 

特に、70歳ぐらいまでにガンになってしまうと進行のスピードが早過ぎるのです。

ガンという病気は、かかってから治すのはかなり難しい病気です。

 

ほとんどの人が一度は治るのですが、あくまでもそれは一時的な処置に過ぎず、新たにガンが再発する人が大半です。

やはり、ガンにならないように努力することが重要です。

 

では、どうすればいいのかというと、ガンができてしまう生活習慣を改善するしかありません。

ガンにならないように普段から生活習慣を心がけることが大切です。

特に、食事の改善が重要だと思います。

 

 

未分類

WS000398

 

 

全身に発疹ができる水痘(水ぼうそう)は、厚労省の推計では小児を中心に年間に約100万人が感染し、20人程度が死亡するという。

 

政府は、子どもの命を奪うこともある水痘(水ぼうそう)を予防する小児用ワクチンと、高齢者の主な死因の一つの肺炎を起こす肺炎球菌用のワクチンを、予防接種法に基づいて自治体が行う定期予防接種に加える方針を固めた。

総務省が地方交付税を通じて財政支援し、厚生労働省が予防接種法の施行令を改正する。

定期接種は来年秋から実施される見通しだ。

 

ワクチンは患者を大幅に減らせると期待され、1~2歳までに一定期間を置いて2回接種する。

 

肺炎球菌は主に高齢者が年間に数十万人感染し、約3万人が亡くなる。

ワクチンは重症者を減らす効果があり、65歳以上が1回接種すればよく、最初の5年間は対象年齢を65歳、70歳、75歳などと5歳刻みとすることで幅広い高齢者世代が受けやすくする。

 

これは、正解ですね。

単純に予防接種をするだけで、多くの命が失われるのが防げるわけですからね。

 

未分類

WS000337

 

藤原紀香(42歳)が結婚を前提に年下男性と交際しているようですね。

所属事務所によると、お相手は30代後半で、外資系テレビ局のシニアプロデューサー。

昨年12月に男性が担当した番組に紀香がナビゲーターで出演したことで知り合い、今年夏ごろから交際を開始したといいます。

「藤原紀香が年下TV局プロデューサーと結婚前提に交際 一気ゴールか」の続きを読む »

未分類

WS000331

 

歌舞伎俳優の松本幸四郎(71歳)が、公演中に客席に転落してから一夜明けた24日、現場の国立劇場(東京都千代田区)で会見した。

「かすり傷一つない。痛みもない。奇跡ですね。普段だったら大ケガだったかも。ぞっとします」と話した。

「松本幸四郎 転落事故から一夜明けて「傷一つない、傷みもない、奇跡」」の続きを読む »

未分類