ビタミンD不足の「くる病」の記事一覧

WS000016

 

東北方面で放射能を恐れて、親が子供を外で遊ばせない為に、日光を浴びずに母乳栄養での育児を続けた影響からか、乳幼児が「ビタミンD欠乏性くる病」になる事例が増えているというのです。

小児科医らは「子供の成長には日光は不可欠。妊娠期から適度な日光浴とバランスの良い食事を取ってほしい」と呼び掛けている。

「放射能を恐れ乳幼児を外で遊ばせない為「ビタミンD欠乏性くる病」が増加」の続きを読む »

ビタミンD不足の「くる病」