致死率ほぼ100%の狂犬病の記事一覧

WS000136

 

「人類最大の敵」の1つと言われる、ウイルス性の人獣共通感染症「狂犬病」がアジアで急拡大している。

なんと、この狂犬病で、現在も世界中で年間約5万5000人が死亡するという。

今年7月に、野生のイタチアナグマ3頭の死体から、実に52年ぶりの感染が発覚した台湾の現地紙『聯合晩報』によると、9月22日現在でイタチアナグマ143例、ジャコウネズミ1例、そして犬にも1例の狂犬病感染が報告されている。

「人類最大の敵の1つ「致死率ほぼ100%の狂犬病」が日本に迫る」の続きを読む »

致死率ほぼ100%の狂犬病