マラセチアというカビが引き起こす怖い皮膚病の記事一覧

WS000158

 

「梅雨から夏にかけて、皮膚科の患者さんは増えるものですが、たしかに2011年以降は、大人の患者さんが増えてきているように感じます。この時期は日光皮膚炎、毛虫などによるかぶれ、水虫、あせも、汗などによるアトピーの悪化などの症状で来られる患者さんが多いのですが、マラセチアと呼ばれるカビが皮膚に繁殖することで生じる皮膚病に感染する20~40代の患者さんもちらほら目にします」(柴田皮膚科クリニック・柴田興先生)

「マラセチア?」 私も、最初はそう思いました。

「聞いたことがないな」というのが、まず出た一言だったのです。

で、調べてみると、

「マラセチアという皮膚にカビが繁殖することで生じる皮膚病」の続きを読む »

マラセチアというカビが引き起こす怖い皮膚病