WS000002

シングルマザーと言えば、現在放映中の満島ひかり主演のドラマ「Woman」で世間の注目を浴びているが。ドラマとは違い、その実態はどうなっているのだろうか?

厚生労働省の調査によれば、母と子だけで暮らす「シングルマザー」は、全国に123万8千人もいるという(’11年度調べ)。離婚に際し、母親が子供を引き取るケースが圧倒的に多いからだ。

Hさんの例では、現在年齢は50歳で、シングルマザー歴12年。元夫からの慰謝料や養育費もなく、夫の負債までを背負い込む道を彼女は選択したらしい。

「夫は仕事を辞めて、ギャンブルにのめり込んでいたんです。私を連帯保証人にして、1千万円近いおカネを借りていました。返済中は、死ぬんじゃないかというくらい仕事をしました。実際、遺書も書きましたし」とのこと。

ギリギリの状態での生活が数年続いた。そのため、華やかな容貌にもかかわらず、自身の恋のチャンスを逃しつづけることに。年下の恋人ができたのは、やっと数年前のことだった。しかし「長年”して”なかったので、もうできなくなっていて……。結局、別れてしまいました」というから、なんとも切ない現実である。

【送料無料】シングルマザー生活便利帳 [ 新川てるえ ]

もう一人のシングルマザーのKさんは、現在38歳で持病の肝臓病を申告して生活保護を受給している。

「月額18万円、受給しています。生活はカツカツ。娘は17歳ですが、高校へ行っていません。居酒屋で知り合った男性と数年ほど半同棲状態になったこともあるけれど、ばれると不正受給になるので入籍はしませんでした」

彼女は、「出会い系サイトで援助交際したことがある」と明かした。

「普通に働くと、保護が減額されるし……。娘は、シングル家庭の偏見もあって、グレてしまい、私に寄りつかなくなりました。そんな寂しさや、『誰かがこの状況から救ってくれるかも』っていう期待もありました」という。

これらは、ほんの極1部の例だが、生活保護がダメなのかというと、小さな子供と餓死していた事件もあり、そういうことも考えられるので、一概に良くないとも言えない。

こういった人たちが、社会で自立できるような、学べながら暮らせる施設みたいなものを作った方が、生活保護費より安くつくんじゃないかと思うのは私だけだろうか?

 

無理なく自然と痩せることができてリバウンドしない脳ダイエットとは?

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます