WS000219

この写真は、拒食症になった人の変化がはっきりわかるものです。

「拒食症」は「過食症」と同じく深刻な摂食障害。低体重への憧れを始めとする「拒食症」の原因と症状、「拒食症」に伴う心身の病気について解説したいと思います。

 拒食症が起きる原因は?

拒食症は10~20代に多く見られる病気で、男性の発症率は思春期の女性の1%程度ですが、拒食症の1割前後を占めています。

拒食症になるよくあるパターンは、軽いダイエットの予定がエスカレートしてしまうことが多いです。周囲からダイエットの成果を賞賛されるたことがうれしくて、体重減少への執着が異常になってしまったときに起こります。

拒食症がエスカレートする背景として、思春期の願望と現代の社会的な風潮が大きく関係しています。思春期は、少女から大人の女性への移行期で、容姿や異性に対する意識も高まりやすいため、女性としての外見の魅力を高めることを強く意識します。さらに最近では、モデルや女優などの芸能人の激やせが多く見られ、痩せていることが賞賛される風潮が強いことが原因で、極端なダイエットに走ってしまうケースは少なくありません。

自分の外見へのコンプレックスや特殊な家庭環境、完璧主義的な心理傾向や心理的問題が絡むと、痩せなくてはというプレッシャーが強くなってしまうのです。一旦体重が落ちてくると、面白くなってきて、全く食事をしなくなるという極端な状況になってしまいます。

 

 拒食症の症状

拒食症の主な症状は、食べること、太ることへの強迫観念と、それに伴う極度の低体重です。通常のダイエットで目標体重を達成し、他人にはすでに十分痩せた外見になっていても、本人にとってはまだまだ十分ではなく、あと○kg減らそうと次々に目標をエスカレートさせてしまいます。

太ることへの恐怖や低体重へのこだわりが強迫観念化し、治療を受けて適正体重に戻すことが心理的に耐えられないなど、治療自体を拒否するケースも少なくありません。拒食症が重症化すると食欲自体がなくなり、体も食べ物を受けつけなくなってしまい、生命の維持が危険にさらされます。著名人では『カーペンターズ』のカレンさんがこの病気で命を落としてしまったことは有名ですよね。

 

 拒食症の副作用「うつ病」からの自殺リスクと様々な病気

さらに、拒食症が原因でのうつ病。それに伴う自殺リスクにも注意が必要です。

当然、栄養状態も悪くなるので、体内でのホルモンのバランスの崩れや、栄養失調から様々な問題が起きてくるのは、容易に想像できます。「筋肉量の減少」」「浮腫、むくみ」「貧血」「血中電解質の異常」「脱水」「産毛の発生」「35度以下の低体温」など。

 

 具体的な症状

<無月経>

低栄養により女性ホルモンのバランスが崩れ、月経が止まる。

<不整脈>

心筋量の減少や血中電解質バランスの異常で、心臓の電気的活動が異常を生じ、突然死の原因になったり、不整脈が起きやすくなる。

<骨そしょう症>

骨密度が低下し、骨折しやすくなる。

<白血球数の減少>

風邪など感染症への抵抗力が低下する。

<味覚異常>

亜鉛不足が原因と考えられる味覚異常で、味がわからなくなる。

<歯のエナメル質の侵食>

歯がボロボロになってしまう。

 

このように、気軽なダイエットから始まり、恐ろしい症状にまで発展してしまうケースが多いのです。本人は、そんな状態だとは全く気づかずに進行してしまうので、家族や周囲の人たちが気づいてあげることが防止につながってくるでしょう。早く気がつけば気がつくほど、改善も簡単ですからね。

 

 

ダイエットは正しい知識を持って取り組まないと大変なことになります。

正しい知識を学び、無理なく自然と痩せてリバウンドしないダイエット↓

それが脳ダイエットです。


この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます