WS000147

8月28日のNHK「ためしてガッテン」は、冷蔵庫120%活用術。

残り食材復活、夢食感タマゴ、ムラなし解凍術・・・です。

これは主婦には必見じゃないですかね?

まず、冷凍したものを解凍する「ムラなし解凍術」ですが、手羽先を冷凍したものは、解凍せずにフライパンで少しの水を入れて蓋をします。さらに調味料で味付けして調理します。

これが、早くてムラなく調理する方法です。ミンチ肉でも同じようにできます。

用意するものは、蓋のできるフライパンと70ミリリットルの水。

強火3分、予熱1分で超簡単に完成です。

 

次は、何でも氷らしてしまうのですが、これがすごい。

まずは、キノコのエノキを凍らしてミキサーで砕いたものを、もう一度氷らして、いろいろな料理に使うのですが、コクが出て旨みが増すというのです。

味噌汁に入れると、ダシなしでも超激旨の味噌汁になります。

次は、レモンを氷らしてすりおろせば、そのまま風味付けに使えます。

そして、究極が卵を氷らす「冷凍卵」ですが、これは食感がすごく良くなるらしいですよ。

 

次が、冷蔵庫の残り物を使い、激ウマ調味料を作ります。

それが、ピクルスです。番組では、残ったもやしを酢につけてましたね。基本的に野菜であれば、何でもOKです。

つけた野菜は使わずに(別に野菜もピクルスとして食べれます)、そのつけた酢を調味料に混ぜると、激ウマ調味料になります。

例えば、鶏肉を焼いて食べるときに、醤油とその酢を合して味付けします。すると、激ウマに変わるというのです。これは、魚でも、パスタにでも使えます。

パスタだと、ケチャップ:酢を1:2で合してパスタソースにしたり、単純に水:酢を500:200の割合でスープを作り、具を適当に入れて、塩・コショウで味付けすれば、美味しいシープの出来上がりです。

最後に、野菜をつける酢の材料は、

1.水(200ミリリットル)

2.酢(200ミリリットル)

3.砂糖(大3)

4.塩(大1)

に野菜をつけておきます。

これは、万能調味料なので、是非お試しあれ。

「もや酢」と命名していました。笑

 

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」
~身につければ人生が変わります~

 AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?

 脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?

 エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?

 ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?

 ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?

矢印2

無料講座に登録はこちら

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講してもメールの解除はいつでもできます


この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます