WS000307

小説家の中村うさぎ(55才)が原因不明の病気になっていた。

現在、集中治療室(ICU)で治療中であるらしいのですが、一時は心肺停止したらしいです。手の震えなどを訴え8月頃から入院していたと言います。

中村うさぎの知人で、タカナシクリニックの院長・高梨真教氏がブログで明かしている。

高梨氏が17日に更新したブログによると、15日午後に病状が急変し、数分間の心停止と呼吸停止を起こしたという。幸い救急蘇生により心拍は戻ったが、現在は大学病院のICUに入室している。

今後、どうなるかは予測できない状況のようである。

最初に原因不明と書いたが、当初は運動神経の障害から四肢に力の入らなくなる「ギランバレー症候群」が疑われていた。しかし、いまだ明確な診断には至っていないでし。

さらにブログで、高梨氏は「回復に向かってくれる事を周囲の人間も含め、願っている次第です。仕事関係の方々や、出版関係の方々、一般視聴者、読者の方々には、大変ご心配をおかけしていますが、現在の知りうる限りの近況報告です」と書いている。

しかし、原因不明で心肺停止も珍しい話です。

仮に回復したとしても、その後はどうなるかはわからないですけどね。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます