WS000288

9月22日の「駆け込みドクター~運命を変える健康診断~」は、「口の中」です。

ゲストの口の中を徹底的に検査。

気になる口臭の原因と改善の鍵とは?

<口臭>

 

口臭の原因90%は細菌が原因。

それ以外には、歯周病もあります。

 

① ドライマウス(唾液が少ない人はなりやすい)

食事の前に水を飲み過ぎると、口の中が潤ってしまい唾液が出なくなってしまう。

口の中を清潔に保つ水の飲み方は、水を口に含んでブクブクとやってから飲むといいらしいです。

唾液を出すには、舌を前で、「グー」「チョキ」「パー」をすれば効果あり。

食事をきちんと規則正しくすることで、唾液が分泌されやすくなって、胃からくる臭いを防ぐことができる。

 

② 仮性口臭症

そんなに臭くないのに、必要以上に気にしてしまう人のこと。

 

③ 肝臓が悪い場合も口臭が出てくる(アンモニウム臭)

 

今週のヘルスヘッドライン

オードリー春日が教える口臭の原因と改善方法とは?

① 舌が原因で起きる口臭

舌先が赤い人は、「紅舌」といい、気管支や喉が悪くなっている人。

舌が凸凹の状態を「溝下(ヒダシタ)」といって、その溝に汚れや菌が溜まって口臭になる。

 

<口内炎>

 

ビタミンB群が不足すると、口内炎ができる。

これは納得しましたね。私も経験あるのですが、サプリメントでビタミンB群を摂っていると、口内炎がなくなっていました。

口内炎と思っていて間違えるのが、口の中のガンです。ただの口内炎だと思って、ガンを放置している人が多いので、お医者さんで検査したほうがいいですね。

親知らずの奥に膿が溜まっていて、放置すると「がん化」することもあり。

 

と、まだまだありましたが、「口は災いの元」らしいですよ。

 

 

 

 

脳科学の知識を応用した、脳を変えるダイエットでは、
極端な食事制限なして、無理なく自然と痩せることが可能です。

正しい知識を学び、リバウンドしないダイエットを学んでみませんか?↓

それが脳から変えるダイエット革命です。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます