WS000101

 

ここのところ、乳房切除手術で話題の米女優アンジェリーナ・ジョリーさんの叔母のデビー・マーティンさん(61)が、26日に乳ガンのため死去したとの報道がありました。

デビー・マーティンさん(61)は、アンジェリーナ・ジョリーさんの母親の妹です。お母さん自体も、乳ガンとの闘病生活の末、2007年に57歳の若さで亡くなっています。

マーティンさんもアンジェリーナ・ジョリーさんと同様の遺伝子変異が見つかっていたらしく、今回の彼女の乳房切除手術に踏み切った決断は、正解であったといえるのではないかと思います。

母親、叔母と同じ遺伝性の乳ガンで亡くなっていることから考えても、同じ運命をたどる可能性は高確率であると考えられる。

先日も書いたが、日本国内でも乳房・卵巣・卵管切除を実施・計画する病院が出てきていることからも、日本の女性も他人ごとと考えず、積極的に遺伝子検査を受けるべきではないかと思います。

その後、手術に踏み切るかは状況を見て判断するとしても、自分に起きている現実を認めて、手術だけでなく食生活や睡眠・運動などの生活習慣を見直し、備えるできではないでしょうか。

まずは、こういった知識を蓄えることから始めてください。

 

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます