WS000058

 

早発閉経患者に朗報ですね。

聖マリアンナ医大など日米のチームが30日付の米科学アカデミー紀要で発表した内容によると、妊娠が難しい「早発閉経」の患者から卵巣を摘出し、その中の卵子のもとになる細胞を卵子に成熟させる方法で、臨床研究として実施したらしいです。

この結果は、早発閉経患者の妊娠への道を開く治療法として注目されるでしょう。

早発閉経とは?

女性の卵巣には、思春期に約50万個の原始卵胞があり、毎月成熟した1個が排卵される。

閉経時は、それが数千個に減ります。

早発閉経は、卵巣機能の低下によって40歳未満で排卵が止まり、月経がなくなる病気で、女性の約1%が発症し、国内の患者数は推計10万人に上るのです。

今回の研究で用いた卵子のもとになる細胞は「原始卵胞」を使いました。

 

聖マリアンナ医大の河村和弘准教授(産婦人科学)らのチームは、20代後半~40代前半の早発閉経患者27人の卵巣を腹腔鏡(ふくくうきょう)手術で取り出し、液体窒素(氷点下196度)で急速冷凍して保存。

そのうち原始卵胞が残っていた13人について、解凍した卵巣の切片を2日間培養した。

成熟前の原始卵胞は休眠状態にあり、チームは原始卵胞の目覚めを促す物質を加えた培養液を使った。

 

培養後、卵子の成熟に適した卵管付近に移植し、数週間~約1年後に5人から成熟した卵子を採取できた。

体外受精の一つ、顕微授精で受精卵を作り、子宮へ戻した3人中2人が妊娠、うち1人が男児を出産した。

出産した女性は29歳で卵巣を摘出、出産時は31歳だった。

赤ちゃんや胎盤に異常は見つかっていない。

 

この成功は大きいですね。

子供が欲しいが、どうしてもできないという人にとっては、子供を持てる可能性が拡がったといえるでしょう。

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます