WS000062

 

上島竜平が初期の糖尿病を告白。

 

ダチョウ倶楽部の肥後克広(50才)寺門ジモン(50才)上島竜兵(52才)が1日、都内で行われた映画『レッド・ドーン』(5日公開)の公開記念イベントに、ゲストとして出席。

そのさいに、上島竜平はトークの中で、初期の糖尿病であることを明かした。

映画『レッド・ドーン』は、北朝鮮による侵略・占拠を受けたアメリカを舞台に、若者たちの戦いを描くサバイバル・レジスタンス・アクション。

“ネイチャージモン”として常に危機管理していると豪語する寺門は、二人に対して「移動手段に電車やタクシーは危ない! 正解は徒歩だ」と持論を展開。

「確かに健康的なのは、歩いた方がいい」と納得する上島は、肥後から「ただ『糖尿治れ、糖尿治れ』って歌いながら歩いてるんじゃダメ」と突っ込まれると「あんまり糖尿って言うなよ!」と焦り出し、寺門が「え、痛風じゃないの?」と投げかけると「初期の糖尿なんですよ」と苦笑した。

まあ、上島竜兵の食生活た体型を見れば、いつ糖尿病になってもおかしくない状態なので、納得って感じでしたね。

糖尿病は。それ自体は死ぬような病気ではないんですけど、他の病気を併発する可能性が高くなります。

例えば、糖尿病は血糖値が高くなる病気ですが、血液中に糖が処理されずに長く存在すると、トゲトゲしている糖は血管壁を傷つけてしまい、そこにコレステロールがたまり血管疾患を引き起こすのです。

それが毛細血管で起きると、壊疽を起こして足を切断というような結果になってしまうのです。

竜ちゃんは、お笑いのネタにしていましたが、思いもかけず深刻な病気なんですけどね。

 

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます