WS000307

 

入院中の作家・中村うさぎが、3日にブログを更新し、9月28日から10月3日までの間に2度も「死にかけた」ことを明かしている。

手が震えたり足腰に力が入らないなどの症状を訴えて、8月に入院していたのだが、一時は心肺停止状態におちいるなど予断を許さない状況が続いていた。

以前、病名は不明である。

その後、少しずつ快方へ向い、先月29日には20日ぶりにブログを更新してファンを安心させていたのだが、それから今回のブログ更新までに、2度呼吸が停止して、生命の危機に直面していたというから驚きですよね。

しかし、原因は不明とのこと。

今回のブログ更新では、「あたし2回も死にかけちゃった」と、衝撃的な告白をさらりとつづったのだが、呼吸停止した2度とも「奇跡的に自力で生き返った」そうで、そんな自身の体験を「これ、すごくない? あたし、自分を誉めてあげたいわ!よくぞ、生き返った!」と明るく報告した。

さらに、2度の臨死体験をした中村うさぎは、「大きな光が迎えにきた!とか、川の向こうのお花畑で死んだおばあちゃんが『帰れ!』って言ったとか、いろいろ言うけど、あれ全部ウソよ。2回も臨死体験したあたしに言わせればね、死ぬって事は、コンピューターやモニターの電源を切るのと同じ。消した途端にブラックアウト。残念でしたー」と“経験談”を披露している。

と、これが真実かどうかは別として、何でこんなことになったんでしょうね。

【送料無料】セックス放浪記 [ 中村うさぎ ]

【送料無料】セックス放浪記 [ 中村うさぎ ]
価格:420円(税込、送料込)

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます