これは、2012年特定非営利活動法人日本禁煙学会主催の第4回「タバコは健康を損なう:動画CMコンテスト」第1位受賞作品なのですが。

1日1箱タバコを吸う人と吸わない人を50年比べた映像です。

すごくおもしろくてリアリティがあるので、取り上げてみました。

実は、私自身も10年前まではタバコは絶対辞めないという、喫煙愛好家だったのですが、ふとしたキッカケから、瞬間的に辞める決断をして辞めることに成功しました。

 

「100害あって1利なし」と言いますが、

それはまさに真実ではないかと思います。

タバコを辞めるとストレスになり、逆に身体に悪いという屁理屈をこねる人もいますが、別にタバコを吸っているからストレス緩和になっているわけではなくて、タバコを吸うことで「ゆっくりと息を吸って吐く」という呼吸法のような効果が偶然できているので、ストレス緩和になっているだけなのです。

試しにストレスを感じているときに、ゆっくりと息を吸って吐くという繰り返しをしてみてください。もちろん、タバコは吸わずにですよ。

イライラしていたり、落ち着かない気分に変化が生まれるはずです。

ここでのポイントは、「ゆっくりと呼吸をすること」です。

 

これが、逆に早い呼吸をするとテンションが上がっていくのです。

モチベーションアップしたいときなどは、早い呼吸をするのがいいですね。

 

タバコは値段も高くなったし、ますます必要ないものに変わりつつありますよね。

 




この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます