WS000479

 

やっぱりな、という感じです。

覚せい剤報道で先日、完全否定したASKAが一転して、暴力団から「アンナカ」という薬物を入手したことを認めるは話しをしているようです。

話を戻せば、今年8月に「週刊文春」で薬物を使用する映像を元に、「暴力団関係者から脅迫されていた」と報じられた、人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(55才)が、9日発売の同誌で疑惑の一部を認めたというのです。

おいおいって感じじゃありませんか?

いくら、覚せい剤はやっていません。

違う薬物でしたでは、「一緒じゃないんですか」と言いたくなります。

 

都内の自宅でインタビューに答えたASKAは、覚醒剤の使用は否定したが、「アンナカ」と呼ばれる安息香酸ナトリウムカフェインを使用していたと説明。

2000年頃から、ダルさを解消するために病院で処方してもらっていたが、「1か月に1回病院に行くのが面倒だった」と昨年1月に知り合った暴力団関係者から融通してもらったと告白。「薬事法違反については認めます」と話している。

さらに、また暴力団関係者からの脅迫はなかったとしながらも、同関係者との関わりと、薬物吸引中のビデオの存在は認め、アンナカをもらってパイプで吸ったところを「そのシーンが隠し撮りされていた」と説明。

パイプの中は覚醒剤ではないと言っているみたいです。

 

これって、もうどこまで本当かわかりませんよね。

まだまだ、ウソは出てきそうですね。

 

 

安息香酸ナトリウムカフェイン(アンナカ)とは?

眠気、けん怠感のほか、血管拡張性および脳圧亢進(こうしん)性頭痛(片頭痛、高血圧性頭痛、カフェイン禁断性頭痛など)に効果があり、薬事法では「劇薬」に分類される。

白色の粉末で、通常は成人1回0・1~0・6グラムを1日2~3回経口投与。

大量投与の場合はふるえ、頻脈、期外収縮、耳鳴り、不眠、不穏などの副作用がある。

 

 

 

この頃は良かったですね。

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます