WS000244

梅宮アンナ(41才)に、不倫交際疑惑が浮上しています。

複数の関係者の話を総合すると、お相手は大学生の子供を持つ40代半ばの実業家で、以前から知り合いだったが、仕事を通じて急接近した。

相手は山形県を拠点に複数の会社を経営する実業家S氏で、梅宮辰夫とも親交があり、アンナも以前から知り合いだった。

すでに、1年以上は交際しているとみられる。

 

アンナがS氏とレインブーツブランド(昨年4月に誕生)を立ち上げることになったあたりから2人の距離が急接近。

昨年10月に同氏との契約が切れた後も、2人は頻繁に会っていたようで、今年の6月8日に、S氏が手がける子供服店が新規オープンした東京・アリオ北砂を2人で仲むつまじく歩く姿など、各地で目撃談が相次いでいるといます。

 

アンナの所属事務所は、サンケイスポーツの取材に「仕事上の付き合いしかない。そうした際には梅宮辰夫も同席しています」と否定。

S氏の会社担当者も「そうした事実は把握していません」としたが、ある関係者は「2人で海外旅行にもよく行っています」と証言する。

別の関係者は「アンナさんの自宅にも頻繁に出入りしていますし、Sさんの会社がある仙台でもデートしています。あの2人の姿を見れば、とても『ただの仕事上の付き合い』とは思えません」と強調。

さらに、別の関係者も「昨年夏あたりからアンナさんが突然、S氏を下の名前で呼ぶようになった」と証言しています。

 

アンナは今月から父で俳優、梅宮辰夫(75才)の所属事務所に移籍。

新たなスタートを切ったばかりだが、男性にかなりのめり込んでいるようす。

 

しかし、キツイ言い方ですが、「こりない女」ですね。

 

 

ちなみにアンナの男関係の歴史は、1994年に元タレント、羽賀研二さん(52才)との交際が発覚するも、父の反対で破局。

2001年には元青年実業家と結婚し、1女をもうけたが、03年に離婚。

05年には妻子ある元プロ野球選手との不倫関係が発覚するなど、波瀾万丈の恋愛歴の持ち主。

10年にはアメリカンフットボール元日本代表との熱愛が発覚もスピード破局したが、その後、S氏との愛の炎が燃え上がったようだ。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます