WS000333

TBSテレビは、次男が窃盗容疑で逮捕されたタレントのみのもんた(69歳)が出演を自粛していた同局の報道番組「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのもんたのサタデーずばッと」を降板することを発表した。

本人もここまで、息子の事件が自分に影響するとは思ってみなかったのではないでしょうか?

TBSテレビは「みの氏とも話し合いを続けてきましたが、両番組は、視聴者の目線で、様々な社会的事象や事件について、みのもんたが直言するというコンセプトの報道番組であり、現在の状況やみの氏の意向を含め、総合的に判断した結果、みの氏の出演を終了することを決定いました」と経緯を説明。

 

TBSの石原俊爾社長は2日の定例会見で、みのもんたの復帰時期を「総合的な観点から判断したい」として、「みのさんが今後、捜査の進展具合を見て、どう判断されるかということもある」と説明していた。

 

当初、みのは9月21日、レギュラーを務める文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」で報道番組への出演は「降りるつもりはないし、このまま続行してもいいんじゃないかと思いました」とし「30すぎて世帯を持って独立して、という人間に関して、身内だからということで責任を取るのかという問題。私は世界中に友達がいるもんですから、私の知っている限りの国の方たちは『おかしいね、日本は』と言われました」と親の責任論に言及していた。

19日には同ラジオで「すべてが決まったら一度お話しする機会を設けたい。一つの結果が出たら、逃げも隠れもしません。堂々と皆さんの質問に答えます。親の責任はどこまであるのか。じっくり話をしてみたい」と話していた。

 

これって、論点がずれてると思うんですよね。

責任とかの問題じゃなくて、イメージの問題なんじゃないんですかね。

 

視聴者が選ぶのかが問題だと思います。

 

私の個人的な意見では、引退がベストだと思いますけどね。

年齢も年齢だし・・・。

 

 

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます