WS000133

 

厚生労働省は、全国に1万人以上はいると考えられている摂食障害の患者を治療するための拠点施設を新年度から新しく整備する。

全国10か所程度を「治療支援センター」に指定し、精神科医や栄養士らが連携して治療にあたるとともに、地域の医療機関に治療方法を助言する。

適切な治療を受けられず、行き場がない患者を減らす狙いがある。

 

摂食障害とは、肥満などへの恐れから食事が取れなくなる「拒食症」や、ストレス発散で必要以上に食べることが習慣化する「過食症」の両方が含まれる。

原因は、心理的な要因で引き起こされると考えられています。

 

このブログでもよく取り上げているが、芸能人でも拒食症の疑いがあると思われる「激やせしている女優やモデル」が多く見られるが、そういった芸能人を見て影響を受けて、自分も痩せないとという間違ったダイエットをおこなってしまうのです。

過食症に関しては、おそらく「ドーパミン」の暴走が考えられる。

「ドーパミン」とは、脳から溢れる快楽物質で美味しいと感じるものを食べると脳から溢れてきて、快楽を感じるというホルモンの一種です。

 

一種の中毒症状があり、甘いモノを食べずにいられないという人は、このドーパミン中毒になっている可能性があります。

あと、肉中毒もそうですね。

 

これらの接触障害は、一度なってしまうと、自分で改善するのはかなり難しいので、そういった施設ができるのはいいことですね。

ダイエットに関しても正しい知識を持つことが大切ですね。

 

正しい知識を手に入れたいなら、下記の講座で学んで下さい。

脳から変えるダイエット革命

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます