noro ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」が、東京や大阪などで流行の兆しを見せているようですね。

 

11月4~10日の週の患者報告数は、東京と大阪は共に3週連続で増加状態。 都市部を中心に感染が拡大しつつあり、仙台、横浜両市でも3週続けて増えたようです。 毎年、12月ごろに流行のピークを迎えることから、患者が増加傾向の自治体では警戒を強めている。

 

東京の定点医療機関当たりの患者報告数は4.53人。 保健所別では、八王子市の12.4人が最多で、以下は町田市(8.38人)、足立(8.23人)、江東区(7.89人)、荒川区(7.25人)、葛飾区(7.13人)などの順。

 

東部と西部を中心に報告数が多く、年齢別では5歳以下が6割を占めている。

また、東京に隣接する埼玉県川口市でも、県平均の2倍超の12.25人を記録。

 

横浜市でも3週前に比べて1.5倍に増えた。 前週比で2倍近く増えた仙台市は「市全体の報告数が3週連続で増加した」として警戒を強めている。

 

感染性胃腸炎は、ほとんどがノロウイルスやロタウイルスなどが原因とされ、ピーク時には定点医療機関当たり20人前後にまで増える年もある。

 

患者との接触に加え、嘔吐物や便を介して感染するため、予防には手洗いの励行や、嘔吐物などの適切な処理することが予防につながります。

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます