WS000398

 

 

全身に発疹ができる水痘(水ぼうそう)は、厚労省の推計では小児を中心に年間に約100万人が感染し、20人程度が死亡するという。

 

政府は、子どもの命を奪うこともある水痘(水ぼうそう)を予防する小児用ワクチンと、高齢者の主な死因の一つの肺炎を起こす肺炎球菌用のワクチンを、予防接種法に基づいて自治体が行う定期予防接種に加える方針を固めた。

総務省が地方交付税を通じて財政支援し、厚生労働省が予防接種法の施行令を改正する。

定期接種は来年秋から実施される見通しだ。

 

ワクチンは患者を大幅に減らせると期待され、1~2歳までに一定期間を置いて2回接種する。

 

肺炎球菌は主に高齢者が年間に数十万人感染し、約3万人が亡くなる。

ワクチンは重症者を減らす効果があり、65歳以上が1回接種すればよく、最初の5年間は対象年齢を65歳、70歳、75歳などと5歳刻みとすることで幅広い高齢者世代が受けやすくする。

 

これは、正解ですね。

単純に予防接種をするだけで、多くの命が失われるのが防げるわけですからね。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます