WS000161

WS000162

 

 

本来、マラセチア毛包炎という病気は、犬の病気として有名なのですが、最近は人間がかかることも多くなっているらしいです。

普通の状態でも、皮膚の常在菌として存在しているマラセチア菌が、胞子の形のままで毛包内で増殖するために生じる病気です。

マラセチア菌は、皮脂を栄養として増殖するため、常在菌といっても毛穴の奥に入り込むとなかなか厄介な菌でもあります。

皮脂を栄養として分解すると、遊離脂肪酸を発生させます。この遊離脂肪酸が皮膚にとっては刺激物となるので感染した毛穴は炎症を起こしてしまいます。

このマラセチア菌が毛穴の奥で増殖し、小さな赤い湿疹や膿疱ができた皮膚疾患のことをマラセチア毛包炎と呼びます。

増殖の原因として、高温、多湿、多汗、不潔などの環境および皮膚の問題が関係し、光に当たったあとに生じることもあるのです。

見た目はニキビとの区別がつきにくく、ニキビと非常によく似た赤い湿疹が皮膚にできます。場合によっては膿を持ち、少しかゆみを伴うこともあります。かゆみの強さには個人差がありますが、中には掻きむしるほどのかゆみを訴える人もいます。

治癒には長い期間が必要で、改善と悪化を繰り返すことも多く、また脂漏性皮膚炎アトピー性皮膚炎の発端となる場合もある、非常に厄介な菌といえるでしょう。

主に頭や背中にできるのですが、高温多湿を好むので、蒸れてしまう部位は要注意です。

先ほども触れましたが、マラセチア毛包炎はニキビの症状とそっくりなため、専門医でも目で診断をつけるには難しいとされています。よって、マラセチア毛包炎が疑わしいときは、顕微鏡で真菌の存在を確認してから診断がおりることになります。

少し、おかしいなと思えば、迷わず病院へ行くとこをオススメします。

最初にも言いましたが、マラセチアという病気は犬に多い病気です。それが原因で発症している人も少なくないのではと思いますので、ペットを飼っている方は、普段から予防として専門のシャンプーなどで洗うことが大切です。

 

人間用液体石鹸です↓

 

 

ペット用シャンプーです↓

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます