WS000707

 

小室哲哉率いるTM NETWORKのギター担当、木根尚登が28日のMBSのバラエティー番組「解禁、今だから言えるナイショ話」で爆弾告白。

 

デビュー3年後にブレークのきっかけとなったTM初期の代表曲「Get Wild」ではギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」とらしいです。

さら同曲で木根尚登のかわりに“影武者”を務めたのが、当時サポートミュージシャンとして参加していたB’zの松本孝弘だったことも明かした。

これは、かなりの大ニュースですよね。

 

もともとはキーボード系担当だった木根だったが。

TM結成したさいに、グループに2人のキーボード奏者はいらないと小室哲哉が判断し、木根尚登に「なんか、ギター弾いてたよね。エレキ(ギター)弾きなよ」と軽く指示したという。

「アコースティックギターしか弾いたことがない…」と心配する木根尚登に、「音出さなきゃ大丈夫だよ」とささやいたという。

木根尚登は同曲のミュージックビデオで、ギターを手に、軽やかに踊りながら演奏している(フリをしている)。

それだけでなく、『「Get‐」でのギターの音は「B’zの松本君」』と悪びれずに告白。

「最初のアルバムのレコーディングとかも…」と明かし、松本がB’zでデビューする前の「4、5年」にわたり、木根の“影武者”をやっていたことを打ち明けた。

木根は「彼(松本)がいなくなってから(ギターを)一生懸命練習して、弾けるようになった」と笑っていました。

 

しかし、これは本当に時効なんでしょうか?

小室哲哉が、、「音出さなきゃ大丈夫だよ」とささやいた話はかなり大きな問題になるかもしれないですね。

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます