WS000163

 

ロックバンド「キャロル」の元メンバーであり、ミュージシャンで俳優のジョニー大倉肺がんで闘病中であることが分かった。息子で俳優の毛利ケンイチが17日、デイリースポーツの取材に応じ、現在、抗がん剤治療を受けていることを公開した。

ジョニー大倉は、5月下旬の定期検診で肺に影がみつかり、肺がんと診断された。5日から入院し、抗がん剤を使って治療しているという。

ジョニー大倉は09年3月に肝臓の悪性リンパ腫を放射線で除去。以後、定期的に検査を受けてきた。4月の検査でも異常はみられず、最近まで元気に活動していた。

息子の毛利ケンイチによると、ジョニー大倉は、髪の毛が抜けるなど、抗がん剤治療の副作用が出ているが、「頑張ります」と前向きに治療に励んでいる。病床で「4人でもう一度、キャロルをやりたい。そのためにも一生懸命頑張る。4人で会いたい」と熱く語っているという。

__________________________________

キャロルとは1971年に矢沢永吉ジョニー大倉ら4人で結成。1973年に「ファンキー・モンキー・ベイビー」が大ヒットし、日本のロックシーンに大きな影響を与えたが、1975年に解散した。

__________________________________

ジョニー大倉の年齢は60歳であることから、悪性リンパ腫からの転移のスピードは厳しい早さだと思われる、私の父も72歳で悪性リンパ腫になり、そのときの担当医には「5年以内にガンが転移しなければ大丈夫です」と言われたが、3年後に肺がんにかかり、その2年後に肝臓がんになってしまった。結局、79歳で亡くなった。

悪性リンパ腫というのは、ある一種の血液ガン(白血病)みたいなものなので、ガン細胞が全身を駆け巡る。当然、転移する「ガンの種」みたいなものが、全身に広がっていることは間違いないのである。

いくら、ガンにかかった部位を抗がん剤治療放射線治療で消すことができても、ガン細胞自体が増殖する体質になってしまっていれば、その「ガンの種」からいくらでもガンは作られるのです。

本来、ガン細胞というのは、遺伝子が変異した一種の奇形細胞である。そして、それは健康な人であっても普通に作られているのです。問題は、それが大きく広がっていくか、免疫が押さえ込めるかの違いだと言えます。

普段から「ガンになりにくい体質」を作る生活習慣を心がけることが重要です。

 

 

新鮮な野菜を中心とした生活が「ガンを抑える免疫」を作ります。このように定期的に新鮮な野菜が送られてくると、必然的に食べる必要が出てきますからね。食事のメニューを決めてから、買い物をするのではなく、「食べるべき食材」を購入してからメニューを決めるクセをつけると、「ガンになりにくい野菜」が摂取できるのです。



この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます