WS000101

 

 

平成25年版の自殺対策白書によると、20代の死亡原因の半数近くが自殺であることがわかりました。政府はこれを「深刻な状況」と指摘。「特に若年層に重点を置いた取り組みが急務」と強調しています。

若い世代の自殺は20代のみにとどまらず、20~39歳の死亡原因は全て自殺が第一位となっています。(厚生労働省2011年「人口動態統計」より)。20代、30代ともに死亡原因の第一が自殺であるということは、何らかの原因があるとしか考えれないですよね。

この数字は世界的に見ても突出していて、15~34歳の世代で死亡原因の第一位が自殺となっているのは先進七カ国で唯一日本だけという事態です。

若い世代の自殺の原因を見てみると、「健康問題」が一位で、それ以外に「就職の失敗」や「進路の悩み」「勤務問題」などが増加傾向にあるというが、これは失業率とも関係があるのでしょうか?

しかし、アメリカでは日本よりも失業率が高いにもかかわらず、そこまで若者の自殺が多くないというのはどういうことなのだろう。実は、もっと違うところに大きな問題が潜んでいるのかもしれない。

多くの専門家の中には精神的な弱さを指摘する人もいるが、食生活を初めとする生活習慣に問題があるようにも思える。マクドナルドのようなお手軽なジャンクフードを、小さな子供の頃から当たり前のように食べて大きくなってきた世代であることを考えても、脳に何らかの問題が起きている可能性も十分ある。

しかし、誰もそういう指摘をしないのはなぜなんだろう?

 

 

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます