WS000438

このニュースは、猫好きの私としては素晴らしいです。実際、私も猫を2匹も飼っているのに猫アレルギーでしたからね。現在は、なぜか治っている。

自分でそう思っているだけかもしれませんが。

最近はお医者さんへ行ってないので。

 

報道された内容は↓

__________________________________

猫アレルギー反応がどのようにして誘発されるのかを解明したという論文が、米専門誌「ジャーナル・オブ・イミュノロジー」に発表された。この研究により、新しい治療法への道が開けるかもしれない。

英ケンブリッジ大学の研究者らは、ネコの鱗屑[(りんせつ)⇒(皮膚や毛から剥げ落ちた角質細胞の微落片)]から見つかるタンパク質が、ありふれたバクテリアの一種と接触すると、人間にアレルギー反応を誘発する可能性があると考えている。アレルギー反応には、くしゃみやせき、目の腫れやかゆみ、呼吸困難などがあり、一般的な風邪の症状に似ている。

科学者らは今回の研究が、猫アレルギーのみならず、イヌアレルギーの患者にも有効な新治療法の開発につながる可能性があると期待している。

最も一般的なアレルゲン(アレルギー誘発物質)は「Fel d 1」というタンパク質で、ネコの唾液に含まれており、毛繕いによって体の表面の至る所に付着してしまう。このタンパク質が、一般的なバクテリアの毒素に接触することでアレルギー反応が誘発される。

論文の主著者で、ケンブリッジ大学獣医学部のクレア・ブライアント博士は「ネコの鱗屑がこれほどまで重度のアレルギー反応を一部の人々に引き起こす仕組みについては、長い間謎だった」と話す。

ブライアント博士によると、今回の研究では、ネコの鱗屑に対する免疫反応を誘発する毒素を特定しただけでなく、これを認識する免疫系の要素も特定したという。

アレルギー反応は、ある物質を危険なものと認識した免疫系が過剰反応を起こすことによって発生する。有害なウイルスやバクテリアではなく、鱗屑などのアレルゲンを危険物質として誤認識することが原因。

ブライアント博士は「われわれの研究によって、猫アレルギーとおそらく犬アレルギー患者に対するより効果的な治療法がもたらされることを期待している」と述べている。

__________________________________

薬ができれば、世界中で喜ぶ人の人数はかなりの数になるのではないかと思う。実際私の知り合いでも、猫が大好き過ぎるが猫アレルギーのため飼うことができないという人はかなり多い。

さらには、実際自分が猫アレルギー犬アレルギーになっているにも関わらず、本人は気づいていないということがよくある。「なんとなく体が痒い」「くしゃみが止まらない」「皮膚にぶつぶつができている」・・・などの体の異変が起きている場合は、一度お医者さんに行った方がいいかもしれませんね。

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」
~身につければ人生が変わります~

 AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?

 脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?

 エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?

 ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?

 ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?

矢印2

無料講座に登録はこちら

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講してもメールの解除はいつでもできます


この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます