WS000477

 

強制わいせつなどの性犯罪と同様に、痴漢が増加している。大阪府内では、今年上半期(1~6月)の摘発件数が前年より7・6%増の185件で、平成20年以降で最多だという。摘発者の中には小学校長や警察官、自治体職員ら「地位のある人」も少なくない。実名公表や厳しい処分が待ち受けているがわかっているのに、なぜやってしまうのか?再犯も多く、専門家は「病気だと認識して治療する必要がある」と指摘している。

大阪府警は7月上旬、茨木署地域課の巡査長(38)を痴漢をしたとして停職1カ月の懲戒処分にした。結局、巡査長は依願退職した。

痴漢は軽微な性犯罪とみられがちだが、女性の心を深く傷つける卑劣な犯罪として、社会的に厳しく断罪される。実名は公表され、警察官なら処分は停職でも依願退職が当たり前で、懲戒免職になることもある。

大阪府警は摘発を強化しており、22年以降の摘発件数は毎年、前年比約30件増となっている。しかし痴漢は一向に減らず、今年6月10日~7月7日の1カ月間の痴漢発生件数は134件と、依然多くの女性や子供が被害に遭っている。

警察庁が22年に東京や大阪で行った調査によると、電車内の痴漢行為で摘発された219人の半数が会社員だという。年齢別では30代が74人(33・8%)と最多で、次いで40代の59人(26・9%)だった。

犯行場所は「通勤・通学の電車内」が67%。被害者の選定も、「偶然近くにいた」が111人(50・7%)と最も多く、働き盛りの30~40代が、何気ない日常の中で痴漢行為に手を染める実態も浮き彫りになってきた。

心理カウンセラーの話では、「痴漢は依存症。性欲や性癖では片付けられない病気だ」と強調する。「女性が喜んでいると思った」と勘違いしてカウンセリングに来る加害者は多い。こうした人に共通するのが、他人の気持ちや痛みを感じる「共感力」の低さだという。

その最も大きな原因が、「日々のストレス」と考えられる。「ストレスを溜め過ぎると脳がダメージを受けて、理性的な判断を下す前に行動してしまう」と指摘。常習犯になると無自覚に近い状態で犯行に及ぶため、捕まって初めて自分が痴漢をしていたことに気付くケースもある。

また、「過保護な生育環境」が影響することもあり、何かで困ったときに本人が考える前に親が手を差し伸べてきた人は、欲求を我慢することが苦手になってしまっている。衣川さんは「痴漢は『我慢』では治らない。専門家によるストレスケアや家族の協力といった『治療』が必要」と話している。

こうなってくると、専門の治療が必要だと考えられるので、できれば法律での規制が必要になってくるのではないかと考えられる。

 

 

ビジネスに使える「心理学・脳科学教室」
~身につければ人生が変わります~

 AKB総選挙で起きたバンドワゴン効果とは?

 脳科学と心理学が人生に役立つ理由とは?

 エヴァンゲリオンと「ドーパミン」の関係とは?

 ジャパネットたかたにみる「オマケ・無料効果」とは?

 ドーパミンの過剰な分泌が「依存症」になる理由とは?

 仕事をロールプレイングゲームのように楽しむ方法は?

矢印2

無料講座に登録はこちら

本講座は全10回が全て無料で受講できるようになっています
講座を受講してもメールの解除はいつでもできます


この記事を読まれた方はこちらの記事も一緒に読んでいます